wwelive japan

WWEそれは壮大なドラマ
エンターテイメントの王者WWE!WWEは世界中の視聴者を虜にするエンターテイメントを提供し続けています。個性的なスーパースターやディーバ達が、海外ドラマさながらの劇的なストーリーを作り上げ、地球上何百万人ものファンを熱狂させています。

WWEでは様々なキャラクター(ヒーローや悪玉)のスーパースターやディーバたちが登場人物となり、抗争・対立を繰り広げます。その中で愛情、友情、憎悪といった感情が複雑に絡み合いながら、ストーリーが展開されます。

そして抗争はド迫力のアクションと奇想天外な演出で行われる試合を通して発展。『ロウ』『スマックダウン』を中心に勃発するこれらのストーリーは、年間12回のPPV大会で決着すると同時に、そこから新たなストーリーが始まります。アメリカ発の世界最大のスポーツ・エンターテイメントWWE!その壮大なストーリーをこの夏、ぜひ日本で体感してください!

WWEのレギュラー番組 日本公演の楽しみ方

WWEのレギュラー番組

WWEでは『ロウ』『スマックダウン』という2大看板ブランド(番組)を中心に、日本にも縁のある選手も多く所属する『NXT』などのレギュラー番組があります。レギュラー番組で巻き起こるストーリーは、年間12回行われるPPV大会で決着し、また新たなストーリーが始まります。その中の1つでもある『レッスルマニア』は、毎年7万人以上が詰めかけチケット入手が困難となる一大イベントです。

日本でもレギュラー番組と全てのPPV大会、それらのストーリーを凝縮したハイライト番組をご覧頂けます。国内最大のスポーツ専門TV局J SPORTSでは『ロウ』、スマックダウンのハイライト番組『アフターバーン』が日本語字幕付きで放送され、WWEをじっくりお楽しみ頂くためは欠かせないチャンネルとなっております。『NXT』およびPPV大会は2016年から日本でもサービスが開始されたWWEネットワーク(インターネットを介したネットワーク上のチャンネル)にて配信中です。WWEネットワークではその他にもWWE、WCW、ECWのアーカイブPPV、オリジナルプログラムなど4,000時間以上のビデオ・オン・デマンドライブラリーが24時間、いつでも見放題のサービスとなっています
(英語によるサービスとなります)。

また、それぞれのブランドの面白さを凝縮した毎週のハイライト番組『This Week in WWE』が各地で放送されています。

RAW

放送回数1100回を越えるWWEを代表する番組。全米TVシリーズの中でも最も長い歴史を誇ります。生中継ならではの衝撃的な展開、そしてショーアップされたエンターテイメント性の強いストーリーで毎週視聴者をクギ付けに。

smackdown

2016年で放送開始から17年を迎えた『ロウ』と並ぶ看板番組。近年では『ロウ』で勃発するストーリーを受け、その続きのストーリーがスマックダウンで巻き起こります。『スマックダウン』の名はザ・ロックの決めゼリフが由来。

nxt

中邑真輔が参戦する、次世代のWWEタレントが活躍する今最も熱いと言えるブランド。現在は日本でKENTAとして活躍したイタミ・ヒデオ、プリンス・デビッドとして活躍したフィン・ベイラーをはじめ、日本に縁のある選手たちが多く登場します。

thisweek

WWEの全ブランドの一週間分のストーリーを30分に凝縮したハイライト番組で、『This Week』のみで見られる情報も満載しています。関東、関西、東海地方などの全国11のテレビ局で放送中で、現在地上波でご視聴できる唯一のWWE番組となります。

日本公演の楽しみ方

アメリカのショーをそのまま体感しよう!

WWE日本公演にはアメリカのショーがそのままやってきます。
リングでパフォーマンスを繰り広げるスーパースターやディーバはもちろん、レフェリーやリングアナウンサーなどの主要スタッフ、さらにはショーと試合を統括する「プロデューサー」と呼ばれる本場のクリエイティヴ担当もすべて本場アメリカからやってきます。 また、スーパースターたちのエントランス・ミュージック(入場テーマ曲)をライヴで聴けるのも、ファンにとってはたまらないところ。お目あてのタレントが姿を現したら、遠慮することなく立ち上がり、曲に乗って大いに声を出してください!本場のパフォーマンスにはファンからの声援、チャント、ブーイングはつきもの。ファンのみなさんがいて初めて本場のエンターテイメントショーとして完成するのです!

あなたもショーの一部になりきろう!

さて、ライヴの醍醐味はスーパースターのパフォーマンスだけでは成り立ちません。そこには会場に足を運んでくださるみなさんの存在が不可欠です! スーパースターたちの決めポーズや決めゼリフに合わせるのはもちろん、それだけでは飽き足らずコスプレをしてくるのもよし(ただし、他のお客さんの迷惑になるような行為は慎みましょう)。そうすることで、スーパースターはライヴという空間を日本のファンと“共有”することができるのです。

日本でしか見れないサプライズを楽しもう!

今回の日本公演最大の特徴は「ハウスショー」であるということです。 WWEのショーは毎週テレビで放送されている「TVショー」とおよそ月に1度行われる各番組のストーリーの総決算である「PPV大会」、そしてテレビ放送がされない「ハウスショー」の3つがあります。「TVショー」と「PPV大会」はストーリーラインに沿った連続ドラマであり、それがWWE人気の根幹となっています。 それに対し「ハウスショー」はストーリーを抜きにしたパフォーマンスと試合内容を楽しむもの。スーパースターがより個性を見せたパフォーマンスができるため、「TVショー」とは違ったライヴ感が味わえます!「ハウスショー」だから、そして日本だからこそ見られるサプライズがじつは隠れた楽しみなのです! 過去の日本公演では、ジョン・シナが日本のステーキハウスのスタジャンにゼブラ模様のズバズ姿で登場し会場を沸かせたのも記憶に新しいところです。 「TVショー」とは違い録画ができない「ハウスショー」は、会場にいるファンのみなさんだけが共有できるサプライズに溢れているのです!

「日本限定」モノをゲットしよう!

会場へ来た人だけの楽しみとして忘れてはならないのが、オフィシャルグッズの販売。日本公演ではアメリカの会場そのままに大人気のスーパースターのTシャツやキャップをはじめとするオフィシャルグッズを販売しています。そしてもちろん、日本公演の会場でしか買えない、日本公演限定のオリジナルグッズも特別に販売しています!さらに、公演と併せて催されるスーパースター参加のスペシャルイベントなどが行われることも!サイン会などの情報は、この日本公演特設サイトで発表しますのでお楽しみに!!