raw
ジェフ・ハーディ
Jeff Hardy

プロフィール

身長:185cm
体重:101kg
出身地:ノースカロライナ州 キャメロン
得意技:スワントーン・ボム、ウィスパー・イン・ザ・ウィンド、ツイスト・オブ・フェイト
獲得王座:WWE王座、世界ヘビー級王座、世界タッグ王座、IC王座、ハードコア王座、欧州王座、ライトヘビー級王座、WCWタッグ王座、RAWタッグ王座

細身のティーンエイジャーからWWE王者に上り詰めたジェフ・ハーディは、危険を冒してユウキを振り絞れば不可能はないと証明した男だ。

十代の頃から兄マットとWWEのリングに上がっていたジェフは、相手がレイザー・ラモンやキング・コング・バンディであろうと恐れず向かって闘っていた。そしてその勇猛果敢ぶりがWWE上層部の目に留まった。

1998年にハーディ・ボーイズを結成して活動を開始。やがてマイケル・ヘイズをマネージャーに迎えると、ほどなくして世界タッグ王座を獲得。

ノー・マーシー1999でマットと一緒にエッジ&クリスチャンと対戦した試合でファンの想像を絶する激闘を繰り広げたジェフは、危険を顧みない闘いぶりで大ブレイクを果たした。

その後ジェフ&マットはエッジ&クリスチャン、ダッドリー・ボーイズと激しいタッグ王座争いに突入。テーブル、ラダーズ&チェア戦で連戦を繰り広げた末に6度の王座獲得を達成した。

やがてシングル部門に転向すると、夜光塗料のボディペイントを施した「謎めいたカリスマ」へと変化。IC王座、ハードコア王座、欧州王座、ライトヘビー級王座と各部門の頂点を総なめにした。

さらにトリプルHやランディ・オートンらトップ級との抗争に食い込むと、アルマゲドン2008で行われたトリプルスレット形式WWE王座戦でトリプルHとエッジを下してWWEの頂点まで上り詰めた。

その後は世界ヘビー級王座を2度獲得した後、2009年夏にスティールケージ戦でCMパンクと対戦して敗北。「負けたら退団」の試合条件に従ってWWEを去った。

その試合の最後にWWEから長らく遠ざかっていたジェフだったが、2017年に開催されたレッスルマニア33で電撃復帰を果たすと同時に、4ウェイ・ラダー形式RAWタッグ王座戦に出場。エンツォ・アモーレ&ビッグ・キャス、セザーロ&シェイマス、ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンらを退けてベルトを勝ち取った。

PAGETOP