English

raw
ミッキー・ジェームズ
Mickie James

プロフィール

身長:163cm
出身地:バージニア州 リッチモンド
得意技:ミックキック、インプラントDDT
獲得王座:WWE女子王座、ディーバズ王座

WWEにおいてミッキー・ジェームズほど劇的な変化を遂げた女子はいないだろう。
人気者のミッキーは一見すると快活でかわいい女性だ。しかしリングに上がるれば、危険な女子スーパースターへ変貌する。

バージニア育ちのミッキーは技を磨き、下積みを重ねながらWWE史上最高のディーバを目指した。
2005年にWWEデビューを果たすと、最大の目標トリッシュ・ストラタスを追いかけ始めた。しかしトリッシュへの憧れは異常な執着心へと変わった。
髪をトリッシュのように金髪に染めてリングに上がると、トリッシュの得意技を使い、そして彼女の控室で待ち伏せするようになり、ついには自分をトリッシュだと思い込むほどになった。
トリッシュがミッキーを拒絶すると、2人は抗争に突入。レッスルマニア22で行われた女子王座戦ではミッキーがトリッシュを倒して初の女子王座獲得を達成した。

その後もトリッシュとの抗争が続く中、ミッキーは人気も獲得していった。
トリッシュが退団するとリタとの抗争が勃発。サバイバー・シリーズ2006で2度目の女子王座を獲得すると同時にリタを引退へ追いやった。

得意技のインプラントDDTで勝ちを重ねるミッキーが次に抗争を繰り広げた相手はベス・フェニックス。
2008年にRAWロンドン大会で行われた女子王座戦ではミッキーがベスを下して4度目の女子王座獲得を果たした。
その翌年にはマリースとの激闘を制して女子王座とディーバズ王座の2冠獲得を成し遂げた。

その後もゲイル・キム、アリシア・フォックス、レイラらから勝利を重ね続けたミッキーだったが、その後ロイヤル・ランブル2010でミシェル・マクールに敗れて女子王座を失った。

その後はかつてライバルだったベスと組んでレイ・クールと抗争を繰り広げたが、レッスルマニア26の後にWWEを退団したが、2016年11月にNXTに突如復帰、絶対的女王として君臨するアスカへ挑戦状を叩きつけた。

PAGETOP