alumni
ゴールドバーグ
Goldberg

プロフィール

身長:192cm
体重:115kg
出身地:ジョージア州 アトランタ
得意技:ジャックハマー、スピアー
獲得王座:WCW US王座、WCW世界タッグ王座、世界ヘビー級王座
キャリア:デビューから173連勝(WCW時代)

「Who’s next?(次は誰だ?)」

この質問こそ、1998年当時スポーツエンターテイメントファン同士で決まり文句となっていた台詞だ。
これは、WCWに突如現れた大型ルーキー、ゴールドバーグの決め台詞だった。
1997年9月から1998年12月までの間、NFLアトランタ・ファルコンズでプレーしていたディフェンシブタックルは、リングでのデビュー後は連戦連勝無敗を記録。
ビッグショー、カート・ヘニングらWCWのトップクラスを相手に負け無しの173連勝を記録した。
スピアー、そしてジャックハマーを武器に、ゴールドバーグは類稀なパワーと制御不能の情熱と共に暴れ回った。

全米の会場で「The Man」と呼ばれ続けた男は、デビューからわずか1年足らずでハルク・ホーガンと対戦。ジョージア・ドームに詰めかけた6万人を超えるファンの前でホーガンを下し、WCW世界ヘビー級王者に上り詰めた。
その後も連勝記録は続いたが、ケビン・ナッシュ戦でスタンガンによる攻撃を受け、遂に敗戦。
だが、敗戦の影響を引きずることなく、バン・バン・ビガロ、シド・ビシャス、スコット・スタイナーらから勝利を挙げ続けた。

WCWがWWEに吸収されると、WWEファンはゴールドバーグの登場を待ち続けた。
2年という期間を経て、2003年3月31日、遂にゴールドバーグがWWEのリングに登場。ザ・ロックにスピアーを決め、両団体を代表するアイコンがバックラッシュで対決し、偉大な王者ロックを相手に見事に勝利をおさめる。

その後クリス・ジェリコ、マーク・ヘンリーらWWEのトップを相手に大暴れし、トリプルHとの抗争が勃発。
両者はサマースラムでのエリミネーションチェンバーで対戦し、ザ・ゲームがスレッジハンマーによる攻撃の末、ゴールドバーグを下した。

しかしその1ヵ月後のアンフォーギヴンではトリプルHに勝利し、世界ヘビー級王座を獲得。そしてレッスルマニア20でブロック・レスナーに勝利した試合を最後に退団した

12年後の2016年、復帰を果たしたゴールドバーグはブロック・レスナーとのリマッチに臨むと2分にも満たない試合時間で秒殺勝利を収めた。翌2017年3月に開催されたファストレーンではケビン・オーエンズを倒してユニバーサル王座獲得を果たした。

PAGETOP