ニュース : 2017

『WWE Live Osaka』が大阪を熱狂の渦に!

2017年9月16日に『WWE Live Osaka』大阪エディオン・アリーナで開催され、スマックダウン所属スーパースターが3王座戦を含む7試合で熱い闘いを繰り広げて4626人(主催者発表)のジャパニーズWWEユニバースを魅了した。

1試合目はニュー・デイからコフィ・キングストン&ビッグ・Eが出場。ベテランのジグラーと若手コービンと対戦。抜群の連携を誇るニュー・デイはタンデムフィニッシュ技ミッドナイト・アワーでジグラーを撃沈し、会場の熱気を一気にヒートアップさせた。

4試合目に組まれたラストマン・スタンディング戦ではランディ・オートンとルセフが竹刀、イス、テーブルを持ち出す激しい10カウント争奪戦を展開。ルセフがアコレードで痛めつけるも10カウント寸前で立ちあがったオートンは、コーナーに立てたテーブルに叩き込んで弱らせたルセフをRKOで沈めて勝利。

続いて鎖骨骨折で欠場中のアスカがリングに上がって地元で力強く復帰に向けてのスピーチを行うと、5試合目のハンディキャップ戦にシャーロット・フレアー&ベッキー・リンチ&ナオミ組のセコンドとして参加。対するSD女子王者ナタリヤ&タミーナ&カーメラ&ラナ組はセコンドのジェームズ・エルズワースが介入する悪らつぶりを見せるも、アスカがステージまでエルズワースを追いかけて舞台裏へ駆逐。これで勝機をつかんだナオミがリア・ビューでラナを沈めてチームに勝利をもたらした。

6試合目は王者AJスタイルズ対ケビン・オーエンズのUS王座戦。試合前に奇襲を仕掛けたオーエンズは重厚な攻撃で苦しめるも、スタイルズは得意のハイスピード攻勢で巻き返し。やがてコーナー上でスーパープレックスを狙ったオーエンズを落としたスタイルズが必殺のフェノメナル・フォアアームを炸裂して王座を防衛。

メイン戦は中邑真輔が王者ジンダー・マハルに挑んだWWE王座戦。ストロングスタイルで畳みかける中邑に、マハルはセコンドのシン・ブラザーズを介入させる戦術を展開。怒った中邑がシン・ブラザーズを排除するも、その間に背後から中邑を捕らえたマハルがカラスで沈めて王座を防衛。試合後、シン・ブラザーズを蹴散らした中邑は「今日は負けたけれど、まだマハルの王座に挑む権利を持っている。今度は勝って帰ってくるから、それまで首を長くして待っていてください!」とスピーチ。そして最後はジャパニーズWWEユニバースと「イヤァオ!!!」を会場に轟かせて大阪大会を締めくくった。


2017年9月17日
PAGETOP