What's WWE

WWE、それは全世界がシビれる究極のエンターテイメント!!

WWEとは

WWEは日本をはじめ地球上の何千万人ものファンを熱狂させる、ハリウッド顔負けの究極のエンターテイメントです!

WWEの魅力は、海外ドラマさながらの劇的なストーリー展開にあります。
様々なキャラクター(ヒーローや悪玉)のスーパースターやディーバたちが登場人物となり、抗争・対立を繰り広げます。その中で愛情、友情、憎悪といった感情が複雑に絡み合いながら、ストーリーが展開されます。
そして抗争はド迫力のアクションと奇想天外な演出で行われる試合を通して発展。
『ロウ』『スマックダウン』を中心に勃発するこれらのストーリーは、年間12回のPPV大会で決着すると同時に、そこから新たなストーリーが始まります。

アメリカ発の世界最大のスポーツ・エンターテイメントWWE!その壮大なストーリーをあなたもぜひ体験してください!

WWEの歴史

WWEのルーツは、現会長ビンス・マクマホンの父、ビンス・マクマホン・シニアが1963年にWWWF(World Wide Wrestling Federation)を設立したことにさかのぼります。当時は有力プロモーターが各地に存在し、自分たちのテリトリー内で興行が行われる中、マクマホン・シニアはブルーノ・サンマルチノ、ボブ・バックランドらをスターに据えアメリカ東部を拠点としていました。

1972年には団体名をWWF(World Wrestling Federation)に改称。そして1982年、ビンス・マクマホンが妻リンダとともにマクマホン・シニアの会社を買収しWWFの親会社としてタイタンスポーツ社を設立しその運営を引き継ぎました。マクマホンはそれまでの業界の慣習にとらわれず、各地に存在していた団体を次々と買収しWWFを拡大。いち早くテレビやケーブルテレビを中心とした新しいメディアを武器とし、ついには全米進出を果たしました。

1985年には当時圧倒的な人気を博したハルク・ホーガンを中心に、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで「第1回レッスルマニア」を開催。現在も続く年に1度の祭典がスタートしました。第3回大会ではデトロイトのシルバードームに93,173人を集め、史上最高の観客動員記録を打ち立てました。

その後も、アンダーテイカー、ランディ・サベージ、リック・フレアーらの台頭によりWWF人気は膨らみ、1993年には「ロウ」の放送が始まりました。1995年から始まったWCWとの熾烈な視聴率争いの中、1997年からは「アティテュード」と呼ばれるキャラクターやストーリーを重視した路線を展開。DX、ストーンコールド・スティーブ・オースチンとマクマホンの激しい抗争、さらにはザ・ロック、トリプルHら新たなスーパースターの出現もありWCWとの争いを制しました。1999年からは「スマックダウン」の放送も始まり、2001年にはWCWをも買収しナンバー1としての地位を決定づけました。2002年には名称を現在のWWEへと改称しました。
WWEは2000年台に入ってもジョン・シナ、ランディ・オートン、レイ・ミステリオ、エッジ、ブロック・レスナー、CMパンク、シェイマスら新世代のスーパースターたちとベテランたちが交わり、常に新しいストーリー展開で世界中のユニバース(ファン)を魅了し続けいています。

WWEを知ろう

テレビ放送

WWEには『ロウ“RAW”』『スマックダウン“SmackDown”』という2大看板ブランド(番組)を中心に様々な放送番組があります。日本でもレギュラー番組、それらのストーリーを凝縮したハイライト番組、PPV大会をご覧いただけます。各番組の視聴方法については、こちらをご覧ください。

RAW

1000回以上の放送を誇るWWEの看板番組!

1993年の番組開始から2012年夏についに放送回数1000回を迎えた、全米TVシリーズの中でも最も長い歴史を持つWWEの中心的番組です。
番組名の『RAW=生』が示すとおり、生中継(現地アメリカでの放送)ならではの衝撃的な展開で、ダイナミックなストーリーが毎週展開されます。
ショーアップされたエンターテインメント性の強いストーリー展開が特長で、まさにWWEの看板番組と言えます。
SmackDown

多くのWWEトップスターが所属する人気番組!

2013年で放送開始から14年目を迎えた『ロウ』に並ぶ看板番組です。
多くのトップスターが所属し、時として『ロウ』とも交錯しながらストーリーが展開されます。
ショーの演出もさることながら、スーパースター達の技巧が光る試合展開が特長で、『ロウ』と同様、全米視聴率ランキングでは常に上位をキープしています。
※スマックダウンとは「相手を叩きのめす=お仕置き」という意味で、ザ・ロックが使っていた決めゼリフに由来します
NXT

次世代のWWEスターをいち早くチェック!

若手のスーパースター、ディーバが集う『ロウ』『スマックダウン』への登竜門的番組です。 次世代のWWEを担う若者たちの戦いが熱く展開されています。
This Week

地上波で見られる唯一のWWE番組!

WWEの全ブランドの一週間分のストーリーを30分に凝縮したハイライト番組で現在関東、関西、東海地方などの全国11のテレビ局で放送中です。 現在地上波でご視聴できる唯一のWWE番組となります。

WWEモバイル

携帯電話、スマートフォンでWWEの試合動画や、スーパースター(選手)の待受画像、コラム、着うたなど、さまざまなコンテンツを提供しています。

WWEジャパンショップ

日本唯一の公式通販WWEグッズショップ。スーパースターの最新Tシャツやグッズから、DVDやゲームまで、あらゆるWWEのグッズ満載のインターネットショップです。モバイルサイトからもアクセスできます。

PAGETOP